養殖ぶり対天然ぶり

養殖ぶりVS天然ぶり

天然魚VS養殖魚

養殖と天然どう違うの? マスコミは天然至上主義だが、はたしてそれは正しいのか?!
養殖の良いとこ、悪いとこ、天然の良いとこ、悪いとこ、魚好きの私の持論をみなさん考えてみてください。

養殖魚と天然魚の違い

天然魚の特徴
・ 天然魚には旬がある 旬の天然魚は絶品だが、旬をはずれると美味しくない
・ 魚種が豊富で、魚を選ぶ楽しみがある。
・ 季節性がある。 魚を見て季節を感じることができる。
・ 漁場により品質ばらつきが大きい   → 産地を確認することが重要
・ 漁法により品質にばらつきがある    → 例として、一本釣り(大間の鮪、関さば、関あじなど)
→ 定置網(氷見の寒鰤)
→ 巻網(豊漁時は安価で買える。反面、品質が落ちる。)
・ どこでどのように育ったかがわからない → 履歴がない
養殖魚の特徴
・ 履歴がわかる (誰がどこでどのように育てたかわかる)
・ 店頭に並ぶ時間などを逆算して、水揚げするので鮮度が抜群に良い
・ 活〆などの鮮度保持技術を使うので、鮮度が良く安全性も高い
・ 与える餌の種類・成分を変えることにより、お客様の好みに応じたブリなどの魚を育てることが出来る。
  実際に、福山養殖では国内向けとと輸出向けで魚を造り分けています。
・ 1年を通じて品質が天然魚よりも安定している